中小企業幹部候補専門の転職サイト

チャンスが来たら迷わず掴め

友杉崇メイン画像_aoyama2

(税)トーマツ企業戦略再生グループ出身

ミナケア創業メンバー

経営コンサルタントから大学院へ、またその後病院経営のコンサルティングに携わりビッグデータを用いた健康保険組合に対するコンサルティング会社を起業と多様な経験をしている友杉氏。どのような考えで各ステップを過ごしたのだろうか。

時間を使わない就職活動でデロイトグループに就職

「大学時代にたまたま受けた経営学の授業が非常に面白かったんですね、それがきっかけで経営学のゼミに入りました。そこでの研究に注力すべく、なるべく時間を使わないように就職活動をしようと思ったところ、研究がそのまま活きる経営コンサルタントという業務があることを知り、それはよいということでコンサルタントを志望しました。就職活動は数社受けた程度で、偶然ゼミの教授がデロイト(当時は税理士法人トーマツ企業戦略再生グループに所属)のパートナーをご存知だったので紹介頂いたところ、そのまま内定し就職することとなりました。」

強い目的意識の元、というより研究の面白さを見出し研究を中心に過ごせるようにゼミ時代を過ごした結果の経営コンサルタントへの進路となった。就職先のデロイトグループでの3年間を主に企業再生のプロジェクトに携わり過ごすこととなる。

「デロイトでは採用をしてくれたパートナーの仕事が主に企業再生系でしたので、ファンドなどとの企業再生の仕事を中心に3年ほど過ごしました。中期経営計画の策定や商品戦略など戦略系の仕事が多く、最近コンサルティングファームの仕事はコスト削減やオペレーション系のプロジェクトが多いことを聞くと、非常に恵まれた仕事が出来たなと感じています。ちなみに学生時代勉強したアカデミックな経営学はこの時とても活きました。例えば、BCGが作ったフレームワークのPPM(事業ポートフォリオを組む際に参考にする図)を学んでいたりもしましたので直接的に活きましたね。結局3年間ほど勤務したのですが、各年毎に異なるチャレンジがあり、ルーティンに陥っている感覚もなかったので常にモチベーションは高く働けました。1年目はビッグプロジェクトの中でひたすら働き、2年目は小さなチームで自分が能動的に動いていき、3年目では後輩も2人出来ましたので指導、マネジメントも経験することが出来ました。ハードワークでしたので夜中の3時に後輩が閉じたノートPCをもう一度開き『まだでしょ』と言ったりもしましたね笑。」

公共系のプロジェクト研究のための退職、大学院へ

仕事は刺激的で楽しかったと語る友杉氏にも3年目に転機が訪れる。

「3年目に建設系の会社のプロジェクトがあったのですが、そこで大きな壁にぶつかりました。中期経営計画策定のプロジェクトだったのですが、建設業界は旧態依然とした世界で、当時は談合や天下りの影響が色濃く残っており、公共のプロジェクトであるにも関わらずどのようにして世の中に貢献するかというプラスの議論はほとんどなく、倫理的に大きな疑問を持ちました。そこでこのような公共系の世界を変えることは出来ないかと考え、東工大の大学院で公共政策を研究しようと退職を決意しました。コンサルタントの仕事は自分の能力や性格に合っており、コンサルとしてのキャリアを積む選択肢もありましたが、業務の過程で直面した本質的な課題を突き詰めて考えることで大きな成長があるのではという思いを強くし、アカデミックに戻ることを決断しました。」

ただ公共のプロジェクトを変革するというハードルは非常に高く研究を行った後、再びビジネスの世界に戻ることとなる。

「大学院では社会資本の費用対効果を検証する手法や、多様なステイクホルダー間の合意形成をどう図るかなどを研究していたのですが、社会への実装はされにくい分野でした。例えばオーストラリアなど海外では一般に使われている費用対効果検証手法なども、日本では国や自治体の担当者が手法を理解するのに時間がかかったり、複雑な評価手法は住民等のステイクホルダーに説明し難いなどの理由でほとんど採用されず、単純な四則演算などで計算していたりしました。政策・制度面から変えていくことはかなり難しいと考え、大学院卒業後は行政職なども検討はしましたが、公共性とロジカルな意思決定の両立する世界で勝負しようと考えました。」

②文中 (1)

公共性をテーマに就職した先が起業の契機に

「公共性」というキーワードを探していたことが現在携わっているヘルスケアの領域で仕事をする契機となった。ヘルスケア領域で入社した会社で携わった業務、出会った人物が起業のきっかけとなる。

「公共性というのは私にとって一つのキーワードでしたので公共プロジェクトが多い総研系なども検討するなかで、『病院』というキーワードにたどり着きました。病院の運営組織自体は営利組織なのでロジカルな判断が効くビジネスの領域だけど、その活動が直接公共の利益に繋がる。そういうものって珍しいと思いました。

様々な会社を見るうちにキャピタルメディカという病院関連の投資やコンサルティングを行っている会社と出会い、そこで現在の代表の山本とも出会うことになります。経営企画などの業務も担当しながら新規事業の立ち上げなども行っていた所、健康保険組合に対するデータ分析サービスという案があがり、現在の代表の山本がある日突然、独立してやるぞ、と私に声をかけました。キャピタルメディカに勤めてから2年弱の頃ですね。」

ここで初めての起業となる。起業する際に恐れなどはなかったのだろうか。

「大きな決断だったとは思います。ただ大学時代の友人が2人くらい起業していたので、いつかは自分もするのだろう、と心の準備をし始めており、また代表の山本とはビジネスモデルの話はずっとしていたので、ビジネスモデルには自信がありました。なので、こういったチャンスが来たときに特に恐れずに進めたと思います。ちなみにちょうど結婚のタイミングでもあったのですが、家族からの反対も全くありませんでした。

事業自体は走り始めるまでは結構早く、事業開始2週間ほどで初の受注がありました。その後も順調に仕事は取れていましたので、「このままではまずい」というフェーズは実は創業以来一度もないんですよね。運もよかったと思います。2月末に創業して4月には東京都が運営するインキュベーション施設に入る事ができ、安い家賃での運営が出来ました。

経営者としての仕事は非常に刺激的で、ここ5,6年間は時間も忘れるくらい没頭して過ごすことが出来ました。契約書を見ようと思ったら法務の知識が必要ですし、その他様々な業務に携わる機会があり、知的好奇心が旺盛な人にとって経営は非常に魅力的な仕事です」

またコンサルティング事業を行っているので過去のコンサルタントとしての経験も現在に活きていると語る。

「現在の会社を経営する上でコンサルの経験や大学院での研究経験が活きているかと言われると、やはり足りない部分は多くありましたが、糧になっています。研究時代に沢山政府文書を読んだ経験は、公共的な仕事をしている今も厚労省や経産省などの政府文書を読む面で活きていますし、コンサル経験は顧客の課題把握や提案、コミュニケーションなどの部分で活きています。何より、これらを基礎とすることで、より経営目線の必要な業務に取り組むことが出来ています。」

ミナケアのビジョンと採用方針とは

健康保険組合へのビッグデータを用いたコンサルティングを事業とする「ミナケア」、今後のビジョンと採用方針を語ってもらった。

「我々は現在ビッグデータを活用した健康保険組合へのコンサルティングビジネスを主力事業としており、間接的にはなりますが約300万人の健康管理をしていることになります。これを2020年までに1億2000万人の健康を見守る会社になろうというのが代表の山本とも良く話す会社のビジョンです。現在は事業の拡大に伴いコンサルタント、エンジニアを積極的に採用しております。

これをお読みの方へお伝えしたい魅力としては、まず、ヘルスケア業界はビジネスでの活動が直接的に社会貢献につながり、その効果を実感出来る数少ない業界の一つだと思っています。また我々の事業としての取り組みはイノベーションを起こし始めていると実感しています。もちろんヘルスケア業界はステイクホルダーが多くすぐに変わる業界ではないのですが、予防医療という分野は10年という単位で考えれば、間違いなく大きなインパクトを残せる環境にあります。そういったイノベーションを、IT・ビッグデータを用いることで真に起こせると信じている人と一緒に仕事がしたいですね。」

脱藩を考えている人へ

最後に脱藩を考えている方々へのアドバイスを頂いた。

「もし今27,28歳くらいで何かチャンスがあるなら、迷わず掴んだほうがよいと思います。機会というのは限られているので、もし今チャンスがあっても次いつ来るかわかりません。しかも2,3年やって失敗しても全く問題のない年齢です。30代になってくると結構人生が複雑になってきますので(友杉氏:35歳)身軽な今こそがチャンスではないでしょうか」

常に知的好奇心にドライブされ、また公共性への思いを見せてくれた友杉氏。ロジカルかつ公共性も強いヘルスケア業界、またミナケアの魅力を強く感じることが出来た。ヘルスケアやビッグデータに興味ある方は一度ミナケアの話を聞いてみてはいかがだろうか。

LINEで転職相談・脱藩エントリー

ミナケアに興味がある・話をもっと聞いてみたいという方はLINEのアカウント「@dappan」からご相談下さい。会員登録不要でコミュニケーションを取ることが出来ます。